自動散水システム商品カタログ
15/44

ORBIT社には多種多様なスプリンクラーが揃っていますが、種類は大きく3つに分類することができます。異なった3種類のスプリンクラーは水量/水圧などの関係で基本的に同じ配水ラインに取り付けられません。また水圧・水量の関係により、同じ配水ラインに設置できるスプリンクラーの数量やドリップチューブの延長数には限りがあります。インライン スプリンクラー地中に埋め込まれた配水管(塩ビ管やポリチューブ)に取り付け広い範囲に散水するスプリンクラー。代表的なのが、普段は地中に隠れていて散水時だけ水圧でノズルが地表に現れて散水するポップアップタイプのスプリンクラー。散水が終わればまた地中に戻るので、庭の美観は損ないません。また芝刈りの障害にもなりません。※「大規模・中規模」用、「中規模」用、「中規模・小規模」用はそれぞれ水量が異なるので、同じ配水ラインにとりつけることはおすすめできません。それぞれの電磁弁を設置しゾーンを分けてください。●スプリンクラーは散水が重なり合うように設置してください。マイクロ スプリンクラーインラインスプリンクラーに比べて散水距離が狭く、水量も少ないスプリンクラー。配水チューブに接続するだけで設置も簡単。やさしく散水をするので花壇の草花、コンテナーの植栽、低木などのスポット散水などに適しています。ドリップチューブポリチューブに小さな吐水孔が開いていて、そこから少しずつドリップ(点滴)散水をします。メンテナンスが少なく、耐久性に優れています。また、薄層の屋上緑化の散水によく使用されます。●インライン スプリンクラー●マイクロ スプリンクラー●ドリップチューブ14

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です