green.com
グリーン.コムは自動散水システムの総合プランナー[製品・設計・施工]です。 Tel.03-3334-5741 Fax.03-3334-5739
自動散水にすると
自動散水のしくみ
DIY自動散水
カスタムメイドの散水キット
Products
自動散水システム
タイマー/電磁バルブ
スプリンクラー
ドリップチューブ
配水チューブ/ジョイント部品
蛇口周り/特殊部品
ツール(工具)
DIYキット
DIYキット
ミストシステム
ミストシステム
ガーデニングイグッズ
シャワー
スプリンクラー
ホースハンガー/ガイド
ミスト

施工例
Q&A
美しい庭を維持するためには、庭全体をカバーする自動散水システムを設置するのが理想ですが、部分的な散水から始め、徐々に庭全体のシステムへと発展させていくことも可能です。例えば、当面の悩みが芝生の散水に要する多大な時間や労力であるなら、まずは芝生の庭に地下埋め込み式のスプリンクラーを取り付け、その後花壇や植込みへ散水スペースを広げていく、段階的な設置方法もあります。
 
 
当社の散水システムはシンプルな設計なので、ご自身でも設置が可能です。ただし、岩盤や傾斜の多い地所への設置や、広い庭全体をカバーする自動散水システムの設置を希望される場合は、ゾーンの区分け、適切なスプリンクラーの選択や個数の計算など、当社の専門家に依頼することをお勧めします。お近くの当社指定代理店をご案内いたしますので、メール、TELまたはFAXでお気軽にお問い合わせください。
 
 
タイマーを取り付けると、散水に時間を取られたり、うっかり忘れてしまったりすることもなく、とても便利で安心です。お仕事などで毎日のお手入れが困難だったり、別荘の庭や旅行などで留守の多い方には、特にタイマーの取り付けをお勧めします。また、広い庭全体をカバーする場合は、庭をいくつかのゾーンに分け、時間差で自動散水を行う必要があります。その際には複数のバルブとそれを制御するタイマー(1個)の取り付けが不可欠です。
 
 
戸外の蛇口から散水システムの配水パイプに取水するのが最も簡便な方法です(この場合、蛇口にY字型などの分水アダプターを取り付け、一方は他の用途にも使えるようにすることをお勧めします)。しかし、庭の美観を考えると、地面を少し掘り、家に給水しているメインの給水管から支流を作って、地下に散水システムの配水ラインを設置するのが最も理想的です。
このページのTOPへ